インド旅行日記 イム·スジョンがキム·ジョンウク探しを撮影したブルーシティ、ジョプール

インド行きの飛行機に身をのせて始まった旅

むやみにインド行きの飛行機に身をのせて始まった旅は、良い人々と一緒にメクガンでアムリトサルになり、順調に始めていた。そしてアムリトサルから、残りの一行とは異なり、夜を明かしデリーに向かう完全なローカルバスに乗った。完全なローカルバスの停留所なので禑王ジョワアンしゴクジョンスロプギもあったがメクガンに行こうとデリー駅の外国人専用のチケット売り場で煽り、一緒に同行されたソウル大生型があったので、なんだか安心した。ソウル大生続いて安心だったのか型とドゥムジクハムからだったのか分からないがとにかく事件事故が多いローカルバスに身を嫌だった。私たちはお金を惜しまなければならんだから。両方の男性だからか、ローカルバスに地元の人々と鈴なりになっついて、一晩に乗って行かなければならないという不安感はなく、ローカルバスの狭い硬い座席がとても不便に座っては、どのような姿勢であれ、少しでも楽に眠りに落ちることができないそれが苦労だった。
もちろん、妹がローカルバスに乗るした場合、ちぎって乾燥されたであろう。そして一晩かかってデリーの夜明けを起こして到着して徒歩で駅までまっすぐに向かった。洗ってもできなくてトクジン頭とメクガンで山羊毛のジャケットは白い毛が灰色になっていた。ひげはポッドできず、黒っぽい黒っぽくした。完全コジルさそのものだった。我々は、宿泊施設をとる代わりに、まっすぐにラジャスタン州に向かう列車を壊し、夕方に行くことにした。常に新しい縁に会い無理が生じるスペース、デリー駅の外国人専用のチケットオフィスで私は今、一生一緒に行くと同じ強い予感がするの縁に会った。いつでも肯定的な同い年の肯定コンビ光州の小学校の先生と姉一人、妹一人。ソウル大生型と一緒に我々は、ラジャスタン州の旅の最初の地域ジョープールに向かった。そして、その後も続けて別にまた一緒に、そして韓国でも江原道 - ソウル - 釜山 - 大邱 - 大田などに継続して一緒に旅行している。一緒に狭い場所で少しずつ譲歩してリキシャを分けて弾の間。旅行の友人である。

ラジャスタン州のジョプールに到着してキム·ジョンウク探し映画を撮影した背景となるゲストハウスインスゴ腕のゲストハウスに荷物を解いた。イム·スジョンとの共有が撮影したその場で留まることにした。到着たらすぐに頭からつま先までの2泊3日間洗わことができず、汚くチプチプたことを、温かい水で涼しく洗っモルクムした姿で新たに出会った一生一緒にいたいの縁の前に現れて姉の一人が言った。駅で初めてブワトウルテン完全ベテラン旅行だったが洗ってこそ、他の人と呼ばれる。もっと汚くてそうなのか。

とにかくそのように2泊3日の汚さを脱ぎ捨ててすっきりし、体と心に一番最初に涼しく居心地の良いインドのカフェに行った。ジョープールには小さなショッピングセンターがあり、そこにインドのフランチャイズコーヒー専門店がある。インドで食べた初めてのエスプレッソ。私の定番のカフェのそれを十分に美味しいたなくても、 2泊3日のローカルバスと電車で疲れた心身を使いながら付けたりもしたエスプレッソ一杯が癒してくれるようだった。そしてメヘラン教え性が眺められるルーフトップレストランで満員の間インドのエッセイを読んだりして初日の余裕を満喫した。より多くの、より良い人と一緒に楽しむ余裕は時間が流れて行くのがもったいないくらい良かった。

メヘランガール城。インドに行ってきてダークナイトが開封してバットマンの主人公が刑務所を脱出して出てくる場面で再び出会ったその城。背景に出てくる、その性がジョプールのメヘラン教え性である。まだ主人があり、夜は自分たちだけのパーティーが開かれる生きている性である。朝起きて洗って出てくるメニューヘランガール城を眺めながら屋上のレストランで朝食をして夜は夜の照明を受けたメヘランガール城を背景にビールを添えたディナーを食べ、その時のその感じはまだ私を陽気にする。

メヘラン教え性上がれば、ブルーシティの真の姿を見ているが。偶然にも私の上がった日は天気が曇ってうっすら青い霧を見ているようだった。ジョープールでは、バラモン階級が住む家は、青色で塗装をするという。だから、ブルーシティと名のついたのに、最近はバラモン階級なくても、観光地を造成しようと青いペンキ塗りを可能にするという。ますますカーストの区別が崩れるのか。バラモン出身のリキシャワラがあるとしたら。しかし、ニュースを通って聞こえてくるのカストロによる凄惨するほどの事件·事故のニュースを聞くと、インドの変化は、気づかないうちは難しいだけに、ゆっくりと徐々に進行なるのではないかと思う。それでも肯定的な方向に、正しい方向に水流が流れて行くことを。

メヘランガール城で出会った子供たち。情味インド民謡を歌う子供たち。今、もう一度行けば、この子供たちが歌う歌をちゃんと聞いて見る。惜しい。そしてメヘランガール城を降りてくる途中で出会った目が澄んだインドの子供たち。明るく笑っても写真を撮ると必ずこう撮っすべての写真の表情がこうだ。目が丁グラン小僧淑女。

メヘラン教え性に加えて、インドの博物館があり、リゾートのような素敵なホテルがあるリゾート地でもある。ノルダラン芝生があり、インド人たちも修学旅行に来て家族の遠出の出る所だこんなに可愛い忍苦の赤ちゃんと並んで芝生の上で横になって座って日差しを楽しみながら余裕を満喫した。もちろんトイレで仕事をして出てすぐにトイレの入り口でも写真を一緒にチクギル希望のインド人と写真を撮って与えなければしましたが、今はその程度の寛大さは、施しを知っているインド旅行。

ローカル市場に行けば、インドの子供たちが本当に多い。ママの手を握っながらも、笑顔で写真に応えてくれる子供がいる場合、途方もなく高い金額を歌ってポストカードを売ろうとする子供たちもいる。不思議だったのはジョープールでは、食事を待って座っている私たちに近づいてきて、購入を要求し、気にするインドの子供に別のインドの子供が近づいてきて、インドの言葉で叱って、自分がはがき一枚を買ったりし、私たちのそばに追いかけてくれた。そうはクールに消えた。何を望むも必ず何クールなヒーローを見るように、その子の後ろ姿を目にしたことを思い出す。その子は、インドという自分の国のことを私たちは良くない思い出を持ってドルアガギルたくなかったのだろうか?とにかくその子の純粋な好意が感謝している。はがきの価格が少し合理的だったら買ってたかもしれないのに。

インドは本当にカメラを持って任意の場所や腕をポトオシャッターを押すだけで、写真になる。カラフルで生命力があふれる市場の様子はもっと写真の一場面である。どこを見回しても。

援助ああマレットショップ。韓国語でオムレツお店なのに韓国人が多く見つけ、そうなのかパンフレットにも紹介されたこの家は、韓国語で下手に書かれている案内板がこれ見よがしています。向こうの偽物オムレツショップも近いうちにいや今ごろその看板があるかもしれない。まぁ味はうまく働いた。問題は、夜に完全にローカルレストランのタンドーリチキンを味わうようにしてするとしてジョプールでちょっとのようにあったフードをかぶったお兄さんが私たち一行をすべて集めて、完全なローカルレストランに向かいました。暗くなり始めた後に食事をしたから私と私の肯定的なコンビこれから出てきたタンドリーチキンが加熱が不十分であることを後になってようやく検出した。なんか腱がそのまま感じられるように頑丈な感じだった懐中電灯を透けて見ると血水が一面だった。すぐに食べるのを停止したが。私はジョープールに期待していた12月31日の深夜、新たな一年の1月1日0時を屋上レストランから飛び出して降りてきてトイレで迎えなければした。本当にジョープールで私章脱は一日まるまる眠れずトイレのみ必要なほど全身に水分までも抜けていくようにしました。その後ろにタンドリーチキンは口にせず、他のおいしいインド料理たちで肉を太ら焙煎旅行たようだ。

メヘラン教え性、キム·ジョンウク探しの共有とイム·スジョンが留まった都市、ブルーシティ..こんなものよりもジョープールは、今私の好きなお姉さん、友人、型、弟たちと初めて一緒に旅行した都市としてさらに記憶に残る。新たな縁の始まり。